社会人一年目にやっておくべきこと

皆さんこんにちは!

今年の4月に新卒入社した方は早3か月が経ち、少しずつ職場に慣れてきた頃ではないでしょうか。
そこで今回は社会人1年目の方たちに是非試していただきたいことを書いていきたいと思います。

是非一つの参考にしていただき、仕事もプライベートでも充実した自分らしい生活を送っていただければと思います。

<スポンサーリンク>

1.読書

読書をしろというのは社会人になって始まったことではなく、小学生の頃から言われてきたことだと思いますが
今まで本をあまり読んでこなかった人も社会人になってからは月に1冊でもいいので読んだ方がいいです。

なぜ本を読んだ方がいいかというと、会社組織に入ると自分の親以上に歳のいった先輩がいらっしゃいます。
当たり前のことですが、知識等で先輩には勝てないでしょう。(中には何も知らない先輩もいますが)
知識や雑学をつけるためにも読書は最適であり、最もお金のかからない勉強方法だと思います。
私も学生の間は全く本なんて読みませんでしたし、むしろ読書が嫌いでした。
ただ社会人1年目の時から将来起業をしたいと思っていましたので通勤の電車等で本を読み始め、今では一つの趣味のようになっています。
知識はなかったら困る場面がありますが、あって困ることはありません。
読む本は基本何でも良いと思いますが、私は小説よりもビジネス書のほうが仕事をしていく上で役に立つことが多く書かれているので
おススメです。

2.先輩社員の話を全て鵜呑みにはしない!

入った会社によっては指導員の方が付き一定期間面倒を見てくれるという制度を取っている企業もあると思いますが。
そこで先輩社員の方は様々なことを教えてくれると思いますが、教えてもらったことを全て正しいとは思わず、鵜呑みにしないようにしましょう。
なぜなら先輩社員も完ぺきではないですし、人によっては意見が違うことがあるからです。
わざわざ声に出して「それは違うと思います」と最初から言わなくていいですが、自分自身の心の中で本当に正しいのかと常に疑問を持ち
疑問に思ったことは他の人にも質問をしたり、自分で調べたりする用意しましょう。

会社組織に入ると疑問に思うことは数多く出てきます。
そこで疑問に思ったことは声を大にして否定したりすることは大人のすることではないのでまずはその疑問に思うことを調べる癖をつけましょう。
疑問に思い調べることで正しかったのか間違っていたのかがわかるので、正しければ勉強になったと思い、間違っていれば改善するように提案をしてみてください。

3.プライベートを充実させる!

仕事を頑張ろうと思うと楽しみがないと長続きしません。
なので休日の時間を有効に使い、リフレッシュできる楽しみを見つけてください。
リフレッシュできるなら何でも良いと思いますが、個人的なおススメは友人と過ごすことです。
会社の同期でもいいと思いますが、入ってまだ三ヶ月だと中々踏み込んだ話をする関係にはなっていないと思います。
やはり学生の時の友人というのは長い時間を過ごしてきたでしょうし、信頼関係もあると思いますので是非休日を利用して飲みに行ったり
買い物に出かけてみてください。
お酒が入ると会社の愚痴も出ると思いますが、愚痴はほどほどに夢や自分のやりたいことを語り合いましょう。
会社の愚痴を言い合うのは会社の飲み会だけで充分なので、モチベーションが上がるような話をしてみてください。
リフレッシュし、また1週間頑張っていきましょう!

学生生活が終わり社会人になり戸惑うことも多いことでしょう。
特に大学を卒業されている方は大学生活とのギャップがすごいのではないでしょうか。
私は大学で体育会にも入っていましたが、比較的自由な部活だったので一気に自由がなくなった感がものすごくありました。

本格的な業務を始めると今以上にしんどいこと、中には理不尽なことあります。
ただすぐに諦めるのではなく、少し踏ん張ってみてください。
踏ん張っても踏ん張っても前に進めず心が壊れそうになった時は、躊躇せずきっぱりと会社を辞めればいいのです。
石の上にも3年だとよく言われますが、それは石のように土台がしっかりしているから3年我慢強く座っていられるのです。

世の中企業は5万とありますし、ひと昔前とは違い転職は当たり前の時代です。
ただ、単純に先輩が嫌いだからというような理由なのであれば、少しは踏ん張るべきです。
どこの会社に行こうが嫌な先輩は絶対にいます
嫌だからという理由だけで辞めるとどこの会社に行っても辞め癖が付くのでその点だけは注意してください。

それでは今回はこのあたりで終わりたいと思います。
最後まで閲覧していただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です