就活をするうえで最も重要なこと!

皆さんこんにちは!
さて今回は就活をする上で最も重要なことについて書いていきます。
2019年入社に向けて今就職活動を行っている学生の方も多いと思います。
先に社会に出た一先輩の意見としてみていただき参考にしていただければ幸いです。

<スポンサーリンク>


さて、現在就活を行っている方は何を重要視して企業を選んでいますでしょうか。
安定? 大企業? 東証一部上場企業? 給与? 福利厚生? 休日の多い企業? ワークライフバランスの取れる企業? などなど、
様々な重要視している部分があるかと思います。

私が就活を行っていた時に重要視していたのは以下の点でした。
・東証一部上場企業 ・歴史のある企業 ・年間休日の多い企業 ・給与もそこそこ高い
以上のことを重要視し、就職活動を行い結果的には思い描いていた企業に就職することが出来ました。
周りからも親からも「いいとこに就職したな」というようなことを言われ、自分自身も満足していましたが
実際に働き始めると様々なギャップがありました。
もし、過去に戻れるのであれば私は自分自身に当時重要視していたことは捨て、自分の興味のある仕事に就け!と言います。

確かに周りの目を気にすることも大切だと思いますし、有名企業に就職すると周りからもちやほやされがちです。
ただそれは他人から見える“味方”であり、実際にそこで働くのは“自分自身”なのです。
誰もが知る大企業に勤め、給与も周りから見れば高い、誰もが羨む企業に就職できたとしても、その企業の事業内容に自分自身が
興味のない内容であればはっきり言って長続きしません。
いくら給与が高くても自分が全く興味のない仕事をあなたは約40年間働き続けることが出来ますか?
中にはそれでも給与が高いのであれば続けれるという方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、大半の人は苦痛でしょうがないと思います。
例えば、アパレルにとても興味のある人が建築会社で40年間働き続けることが出来るでしょうか。
おそらく多少は我慢できたとしても40年は我慢できないでしょう。

もちろん給与も重要な項目にはなります。
将来の給与が年収600万円と300万円では結婚し子供が出来た時のことも考えると家庭の為に600万円の職をとらざるを得ない
状況もあるでしょう。
ただ給与が高いということはそれなりにハードな仕事をある程度覚悟しなければいけません。
ハードというのは残業時間が長いとか有給休暇が中々取れない、プレッシャーのかかる仕事内容など給与が高いなりの内容です。
役職も上がり出世していくにつれて時間というのはどんどんなくなっていくでしょう。
家族を犠牲にしなければいけない場面も出てくるでしょう。

企業を選ぶ際に何が重要かというのは人それぞれ意見が分かれる部分ではありますが、唯一間違いなく言えることがございます。
「その仕事は夢中になれる事業をしている起業かどうか」
これは将来のことも考えて最も大切にしていただきたいことです。

夢中になれる、自分の好きな仕事であれば多少のしんどいことがあっても我慢することが出来ます!
しかし、全く興味のないことを仕事を毎日することほど辛いことはありません。

現在就職活動をしている人には是非、目の前の「ブランド」に惑わされず、今一度自分は「何を求めているのか」ということを
考え直していただき、就職活動に取り組んでいただければと思います。

それでは今回はこのあたりで終わりたいと思います。
最後まで閲覧していただきありがとうございました。

<スポンサーリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です