高校生向けの貯金の仕方

皆さんこんにちは!


今回は高校生向けの貯金の仕方について書いていきたいと思います。
高校生になるとアルバイトを始める方もいらっしゃると思いますし、両親にお小遣いをもらいアルバイトをしていない方も多いかと思います。
そこで今回はあまり無理をせず、お金を貯めていく方法をご紹介いたします。
以前の記事で「高校生のうちに買っておいたほうが良いもの」というのがありますが、買っておいたほうがいいものを買うために
貯金をするでもいいですし、何か欲しいものがあるから貯金をするでも理由は何でも良いと思います。
では無理せず貯金をする方法を2つご紹介いたします。

1:一ヶ月分のお金を4分割する!
現在の高校生のお小遣い・バイト代の相場が詳しく分かりませんが、仮に1万円自由に使えるお金があるとしましょう。
1万円を一か月4週とし、4で割ります。
1万円÷4で一週間で使えるお金は2,500円となります。(1万円でなくても月に使えるお金を4で割ってみてください)
2,500が一週間で使えるので食費や交際費を自分自身で考えながらやり繰りをしていきます。
そしてその週の最終日に余ったお金を次の週に回し、2週目も2,500円でやり繰りしていきます。
もし急な出費等で2,500円以上を1週間で使用してしまった場合は次の週の分から借り、次の週は2,500から前の週に借りた分を差し引いた金額で
やり繰りをするようにします。
そのように意識をしやり繰りをすることによって、毎月の最終日に余ったお金を貯金箱に入れていきましょう。
地味ではありますが、3か月・4か月と続けていくことによって気づいた時にはある程度まとまったお金が貯金出来ていると思いますよ!

<スポンサーリンク>


2:月に2枚以上500円玉貯金をする!
これは大学生や社会人の方でも実践されている方が多いと思います。
ただ高校生では大学生や社会人みたいに収入がないと思いますので、月に2枚以上500円玉を簡単に開けられない貯金箱に貯金していきましょう。
ここで重要なのは簡単に開けられない貯金箱を使用することです。
すぐに取り出せる貯金箱ですと、ついつい取り出してしまう場合があるので100均とかで売っている缶切り等を使わないと開けられない貯金箱にしましょう。
500円玉貯金も気づくと案外貯まっていたりするので是非チャレンジしてみてください!
あと大切なことは、無理に500円玉をおつり等で作ろうとしないことです。
500円玉貯金は気づくと貯まっているものですが、毎回毎回おつりで500円玉をもらおうとしてしまうと、お財布の中が寂しいことになりかねません。
大切なことは無理をせず貯めることなのです。

1と2二つともを実践していただくことが望ましいですが、どちらも同時に実践するのが厳しいという方はどちらか片方だけでも
実践してみてください!
そしてお金を貯めることの楽しさを実感していただければと思います!

それでは今回はこのあたりで終わりたいと思います。
最後まで閲覧していただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です