ソフトテニス上達法

皆さんこんにちは!

今回は久しぶりにソフトテニス上達法について書いていきたいと思います。
対象といたしましては中学生~高校生が対象となり、今回は主に前衛について書いていきます。
プレイヤーだけでなく、指導者の方にも見ていただければと思います。

さて、ソフトテニスにおいて前衛の上達は必要不可欠であり、上位の大会で勝っていくには最後は前衛力の差で決まる
といっても過言ではありません。
なぜかというと後衛に比べて指導者側もどのように指導をすればよいのかわからない方も多くいらっしゃるからだと私は思っています。
今回は前衛の上達方法について書いていくとともに、まず身に着けるべき力を書いていきます。

1:サービス・レシーブ力

これは前衛に限ったことではございませんがテニスにおいて最も重要です。
なぜかというと、サービス力が高ければ相手が攻めにくいからです。
サービスはテニスにおいて唯一自分からスタート出来る技です。
逆にレシーブ力が高ければ相手の先制攻撃を自分の攻撃に変えることが出来ます。
サービス・レシーブ両方ともに言えることは球が速いことに越したことはないですが、重要なのはいかに狙ったコースに打てるかです。
スピードがなくても相手を外に追い出せるコースにサーブを打つ、深いところにレシーブを打つことによって、有利に試合展開を進めることが出来るようになるのです。
サーブ・レシーブ練習には最初のうちは最も時間を割いてください!

2:ボレーボレー
次にウォーミングアップにもよく行われますが、ボレーボレーをしっかりと練習をしてください。
近年のソフトテニスでは男子は特にダブル前衛の陣形を取る人が増えてきました。
ダブル前衛でなくても中間ポジションでのプレーが増えてきております。
なぜボレーボレーの練習をするかというと、距離が近い中で相手の打ちやすいところに返すために打ったら早く構えるということを身体に覚えさすことが出来ます。
またボレーボレーをすることにより、どのようなラケット軌道をすればスムーズに返すことが出来るのかを身体に覚えさすことが出来ます。
テニスにおいて重要なのは頭で考えて動くのではなく、身体に動きを覚えさすということが大切なのです。
またボレーはあてて返すだけでなく、コンパクトにラケットをスイングしなければいけません。(指導者でラケットを振るなというのは間違った指導です)
コンパクトにコンパクトにした最終形態がボレーなので、まず第一段階を覚えるためにボレーボレーの練習をすることが効果的なのです。

3:観察する力

観察する力というのは相手の特徴を見極める力のことです。
相手は何が得意で何が苦手なのか、足は速いのか遅いのか、引っ張りが得意なのか流しが得意のかなど、できれば試合の序盤から中盤に情報を
収集し終わらなければいけません。
収集した情報をもとに相手の弱点を攻めるのか得意なコース等を潰していくのか判断し、試合を進めていきます。
相手の特徴をつかまなければどのように試合を組み立てていくか決まりませんし、自分から攻めなければ相手のミス待ち状態になってしまいます。
日ごろの練習や練習試合等で意識をしながら本番の試合に活かせるようにしていきましょう!

今回は初歩的なことですが重要な3点を挙げさせていただきました。
次回はもう一歩踏み込んだ内容(試合中での動き方等)を書いていきます。
また以下に高校界の名門・高田商業高校の紙森監督の本を読み知識をつけることも大切です。
インターハイ最多優勝を誇る高田商業高校の現監督であり、毎年全国大会で上位に食い込む選手・学校にしている実績がございますので
是非一度読んでみてはいかがでしょうか。

ソフトテニス(前衛編) 高田商業の勝負強さを磨く練習法 [ 紙森隆弘 ]

価格:1,620円
(2018/4/10 21:29時点)
感想(4件)

それでは今回はこのあたりで終わりたいと思います。
最後まで閲覧していただきありがとうございました。

<スポンサーリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です