就職活動において有利な人

皆さんこんにちは!

2018年度新卒で入社した人たちは早1週間が経ち、2019年度入社に向けて学生の方々は就職活動が
本格的に動き始めてきた頃でしょうか?

さて今回は就職活動において有利な人はどんな人かについて書いていきたいと思います。
そんな人いるのかよと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、有利というより面接において学生で経験し
学んだことを話すネタがあるという点で有利といえる人たちは間違いなく存在いたします。

それは「体育会に所属している学生」です。
昔のようにコネで入社するというのは少なくなっていますが、今も昔も体育会の学生が企業側に人気というのは
間違いのないことです。
果たしてそれはどのような理由なのかについては以下から書いていきます。

1:努力を継続して行うことが出来る
  スポーツを4年間行うといことは継続する力があるということになります。
  また体育会はサークルや同好会とは違い練習もほぼ毎日あるでしょうし、試合も全国大会まであります。
  大学の名を背負って戦うことになるので当然勝つことを大前提に取り組みます。
  試合で勝つためにはもちろん他人に負けないように練習をしなければなりませんし、校内でも上位でなければ
  試合にすら出場できない可能性がございます。
  試合に出て勝つためには少なからずしんどい練習に取り組まなければなりませんので、そのような活動を4年間
  継続して行った人に対して企業側も評価をしてくれるのです。

2:上下関係を学べる
  部活動というのは会社を小さくしたような組織と似ています。
  当然会社にも上下関係がありよい人ばかりではありません。
  ひねくれた先輩もいるでしょうし、むかつく先輩も中にはいるでしょう。
  団体組織に所属していない人よりも所属している人のほうが少なからずの経験があるので、周りと協力して物事を
  進めていこうとします。
  単独行動を行う人よりも、チームワークを大切にする人のほうが企業側が求めるのは当然のことなのです。

3:改善策を考える
  試合に勝つためにはどのようにすれば良いのか、負けた時はどのようにして負けたのかということを考え行動に移していきます。
  これは社会でも通用する能力で、どのようにすれば売り上げを伸ばすことが出来るのか・効率よく仕事を進められるのか等、
  会社でも改善しなければならない点は山ほどありますので、若い人が考える改善策を会社も求めています。
  長い間所属していると普通じゃないことも普通だと感じてしまうようになりますので、その点をフレッシュな考え・思考で会社を
  より良い姿にしていってほしいと思っています。

4:根性がある
  これは精神論的な部分もありますが、社会に出ると今までにはないストレスを感じることが多々出てくると思います。
  そういったときになんとか耐えようとする人とすぐに辞めてしまう人とでは会社は前者の人を評価します。
 (明らかなパワハラや過剰な時間外労働の強要などは一切我慢する必要はありません!)
  自分の思い通りにならないことは山ほどあります。
  そのような中でも一つ一つ乗り越えていき、課題を解決できる人は会社からも信頼を得られ、将来の幹部候補になっていくでしょう。
  部活動では少なからず上下関係があり、理不尽なことを言ってくる先輩も中にはいます。
  しんどい練習も耐えて4年間やり切った人は他の人たちに比べて根性があるという判断になるのです。

<スポンサーリンク>


以上の4つの点が体育会系の人が企業に訴えかけられ、ほかの人と差別化を図れるポイントとなります。
体育会に所属していない人でも、学生時代に必死に取り組んだことがあり、そこから学んだことを企業でどう活かしていくかが
自分の中に落とし込めていれば何の問題もありませんし、自信をもって面接に臨めばよいと思います。

ただ、バイトを4年間頑張っていましたとか、サークルで長をやっていましたというのは中々厳しいと思いますし、体育会の人と
差別化を図るのが難しく、そのままでは1歩出遅れていると思ったほうが良いでしょう。
体育会の人でもバイトをしている人はたくさんいますし、サークルの長よりも部活の主将のほうが世間の評価は高いからです。

就職活動の面接において最も重要なことはしっかりと企業研究をするかということと、いかにほかの人と差別化を図れるかです。
そういった点で体育会に所属している人は一般学生の人よりも様々な経験をしている人が多いので比較的有利と考えられます。
ただ油断をしていると足元をすくわれますので、試合同様に油断はしないでください。

内定をいただけるかは最終的には企業との縁になります。
就職活動はしんどく辛いものですが人生の中でもビッグイベントの一つですので、全力で取り組んでください!!

それでは今回はこのあたりで終わりたいと思います。
最後まで閲覧していただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です