これからの時代で必要な学び

皆さんこんにちは!

今回は今後生きていくうえで若いうちから学んでおくべきことを伝えていきたいと思います。

まず現状の日本の学校教育というのは世界的にみても遅れていると言われます。
日本の教育現場において最も不足している学習分野は「お金の稼ぎ方」についてです。
なぜ日本ではお金を稼ぐことは良いイメージを生まず、学校教育でもされないのでしょうか。

日本はいまだに年功序列制度が色濃く社会には残っています。
確かにひと昔前までは年齢を重ねるとともに給与が上がっていき、終身雇用があり徐々に生活が豊かになっていき、定年を迎えるまで
努めている企業が面倒見てくれました。
ただ現在はそう言った時代から時は流れ、会社に一生面倒を見てもらうことは困難時代となっています。
ましてや日本の少子高齢化は急速に進んでおり、2050年には20~64歳の人1.2人で1人の65歳以上の面倒を見るような時代がやってくると言われています。

このようになってくると税金が増え、個人の負担が増え生活が苦しくなっていくことは目に見えています。
実際にそうなったときに会社の給与だけで賄っていくことは可能でしょうか。
もちろん年収で1000万円を超えている方であれば大丈夫かもしれませんが平均的に年収で1000万を超えている方というのは少数です。
今後は会社の給与だけでなく2つ3つと収入源を持っていくべきではないでしょうか。
現に2018年は副業元年といわれており、企業でも副業を奨励をしている企業は増えてきております。

しかし今までの学校教育でお金の稼ぎ方を学んでこなかったのでどのようにしたらお金を稼ぐことが出来るのかわからない方も多いと思います。
そこでまずは知識を付けていくために本を読み知識をつけていくことを私はお勧めいたします。
ビジネスに関する本というのは山ほど出版されております。
もちろんすべてが活用できるわけではなく、実現することが難しいような内容が書かれている書籍も数多くあるので情報の取捨選択は
必要になってきます。
まず副業とまではいかないまでもお金を稼ぐことについて私がおススメしたい本はロバートキヨサキ氏の
「金持ち父さん、貧乏父さん」という本です。
ベストセラーにもなっていますので知っている方も多いと思いますが、お金を稼ぐことにつての内容がキヨサキ氏の実体験をもとに
書かれていますのでマネはできなくても考え方は学ぶことが出来ます。
以下に楽天市場で購入できるリンクを載せておきます。(私は中古のもので十分と思っていますが気になる方は新品のものも購入できます)

<スポンサーリンク>

【中古】 金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 /ロバート・T.キヨサキ(著者),シャロン・L.レクター(著者),白根美保子(訳者) 【中古】afb

価格:548円
(2018/4/7 21:09時点)
感想(20件)

他にもおススメなな本はいくつかありますが、長くなってしまうので次回の記事ででも書いていきたいと思います。
これから先の時代は誰もが予想を超えるスピードで変化していく時代だと私は思っています。
AIも本格的に私たちの生活に進出し、職を失う業種も出てくるでしょう。
そのような時代は間違いなく訪れ、刻一刻と近づいてきております。
時代に取り残されないためにも今から情報を集め、知識をつけていっても得することはあっても損することはないのではないでしょうか。
当ブログでも今後このような内容についてや実際私が取り組んでいることもいくつか紹介していきたいと思います。

それでは今回はこのあたりで終わりたいと思います。
最後まで閲覧していただきありがとうございました。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です