新入社員の心構え

皆さんこんにちは!
最近更新が出来ておらず申し訳ございませんでした。

さて4月もスタートし、新生活が始まった方も多くいらっしゃると思います。

また、4月2日から新社会人になられた方はこれから共に頑張っていきましょう。

今回はそんな新入社員の方々に持っておいたほうがいいのではと思う心構えについて書いていきます。
現在は研修中の方が多いと思いますが、研修中であっても本配属になってからでも心のどこかで覚えておいていただければ嬉しく思います。

1:常に疑問を持つ
これは研修中でも本配属でも変わらずです。
相手は社会人経験豊富な大人といえどおかしなことや間違ったことは言います。
それに対して大人が言っているからとか全く思わなくていいのです。
間違っていることは間違っていますし、間違えていることに対して疑問を常に持つようにしてください。
疑問に思ったことはどんどん質問し自分の知識にインプットしていきましょう。

2:先頭を切って行動をする
社会人になると自発的に行動をすることが求められます。
学生のうちは自分から行動しなくても周りについていけば何とかなってしまっていたと思います。
しかし社会人では自分で考え行動しなければ周りの人は評価してくれません。
もちろん評価をもらうために仕事をするわけではありませんが、人に言われて行動する人と、自分で考え周りに確認をしながら
行動をする人では人間力の面で大きな差が開いてきます。
指示待ち人間では社会では通用しないのが現実なのです。
ただし分からないことは周りに確認しながら行動に移していきましょう。
勝手に判断し行動に移すと、自分以外の人に迷惑をかけてしまう場合があるので「報・連・相」というのはとても大切です。

3:フットワークを軽くする
これは先ほどの行動力に関係してきてしまいますが、フットワークを軽くし様々なことにチャレンジしてみましょう。
失礼な言い方になってしまうかもしれませんが、入社して2~3か月の研修期間というのは会社側も学んでもらう機関であって何も要求はしてきません。
早くても2~3か月の間(中には短いところもあると思いますが)は会社の為に利益を上げることはないと思います。
ただ新入社員の方は利益を上げなくてもしっかりと給料をもらうことが出来ますし、ボーナスをもらうこともできます。(もちろん最初は微々たるものですが)
正直さほど残業をすることもないと思うのでそういうときにこそフットワーク軽く社外の人とも交流できるような場に飛び込んでみてください。
本配属になり本格的に仕事が始まると中々自由に使える時間というのが限られてきてしまいますので、時間があるうちに社内だけでなく積極的に行動をし
様々な人と交流を持ってください。
もしかするとどこかで一緒に仕事をすることになるかもしれません。

まだまだ伝えたいことはたくさんありますが、長くなってしまうので今回はこのあたりで終わりたいと思います。
先に社会に出た1先輩として何かアドバイスできることがあれば何でもお答えいたしますので、気軽にコメント等をしていただければと思います。
最後まで閲覧していただきありがとうございました。

<スポンサーリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です