学生のうちに旅行にいく!

こんにちは!

あと一か月ちょっとすればGWですね。
皆様のご予定はもう決まっているでしょうか?

今回は学生のうちに旅行に行くことによって得られるものを書いていきたいと思います。

1:決断力
これはなぜかというと旅行に行くということはある程度自分が知らない・詳しくない土地に行かれると思います。
知らない土地だとどこに泊まればよいか、どのような方法で行くのか、どこでお金を使うか等全て一人もしくは一緒に行く友人と
決めなければなりません。
物事を決めていくということは予算の関係上や時間の都合上で諦めなければいけないことも出てくるでしょう。
そのような状況になった時には何を優先しないを諦めるのか判断し決断しなければいけません。
決断力というのは社会人になると最も求めれらる能力の一つですので、学生のうちから旅行を通じて学ぶとよいと思います。

2:予算を考える
旅行に行くには少なからずお金がかかります。
例えば旅行に行くのに15万円用意したとすると、交通費・宿泊費・食費をまず考えなければなりません。
その必ず使用するお金を差し引いた金額が旅行先で何かを体験するお金、お土産代となっていきます。
お土産をいっぱい買うためには一つホテルのグレードを下げる、食費を削るといった予算を考えながら配分・調整をしていくことによって
有意義なお金の使い方を覚えることが出来ます。
予算を考えるといった力は社会人になって比較的すぐに使う力だと思います。
それは飲み会の幹事です。
皆から集めるお金を決め、集まった予算内でお店を決めなければいけません。
なので旅行を通じてお金のやりくりを学んでいくことはとても大切だと思います。

3:コミュニケーション能力
旅行先を決めればプランを決めるために旅行代理店等を通じて最終決定をしていくと思います。
この際に旅行代店の方と話し合いながら最適なプランを決定していかなければなりませんし、友人とも旅行の日程1日目の予定・2日目の予定と
コミュニケーションをとる必要があります。
コミュニケーションを上手くとるというのは社会人になってからだけではなく人生において豊かに生きていくための最も重要な能力の一つです。

4:柔軟性
最後に柔軟性です。
出発前はある程度予定を立てていると思われますが、現地に着くと予定通りに進まないこともあります。
まず最初に考えられるのは天気ですよね。
天気は予報通りになるとは限りません。
そのような予定外なことが起こった際にも柔軟に対応する能力というのが旅行に行くことによって養われます。

以上今回は4点を旅行に行くことによる得られる力を書かせていただきました。
ただ旅行に行くことで一番大切なことは目一杯楽しむということです。

是非皆さんも余裕があるうちにいろいろなところに飛び出してみましょう!!
新しい土地に行くことで得られるものがきっとたくさんあるはずです。

<スポンサーリンク>


それでは今回はこの辺で失礼いたします。
最後まで閲覧していただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です