ソフトテニス上達法 高校生編

皆さんこんにちは!

今回は前回に引き続きソフトテニス上達法の高校生編について書いていきたいと思います。

上達法ですが県大会出場や地区大会で優勝というのが目標ではなく、インターハイ出場、インターハイ上位入賞という
高い目標を持っている方向けに書いていきたいと思います。

今回もポイントを絞って書いていくので、大きく分けて3つのポイントになります。

1:戦略を立てる
今回はシングルスについてではなくダブルスメインと考えてください。
ダブルスとなると「雁行陣」「並行陣」(ダブル後衛・ダブル前衛)の二種類になりますが、どちらも2人で試合を進めていくことになりますが、
ここで重要なのは2人で話し合うことです。
前衛と後衛では相手との距離が違うので見える景色が変わってきます。
前に立っている時では見えない景色でも後ろに立った時にはわかる景色があり、逆もまたしかりです。
そこで後衛は後ろにいて分かった相手の弱点・得意なことを自分の前衛に情報を共有することで前衛は動きやすくなります。
相手の弱点・得意なことが分かれば戦略を練り、相手の苦手な部分を責めることが出来るようになります。
試合に勝つためにはとことん「嫌な奴」になることが重要です。

2:前衛を使う
私は前衛だったので前衛のことについて書かせていただきます。
中学生までは後衛がある程度打てれば試合に勝つことが出来たと思います。
しかし高校生になると前衛が上位の大会で勝つキーマンとなります。
なぜなら上位の大会になればなるほど後衛の圧倒的な差というのは少なくなってしまうからです。
なぜ前衛がキーマンになるかというと、後衛よりも前衛のほうが上達しにくいからです。
前衛は相手との距離が近いのでボールに対する恐怖心、思いきり、相手を見る洞察力が必要になってきます。
ボールに対する恐怖心というのは正直慣れるしかありません。
思いきり、洞察力というのは日々の練習・練習試合である程度養うことが出来ます。
例えば練習試合では勝敗にこだわらず、自分自身で考えて思った方向に動き(ポーチに出る)上手くいったのか上手くいかなかったのかを振り返ります。
上手くいったのであれば実践でも使えるでしょうし、うまくいかなかったのであれば何がダメだったのか、どこを改善すれば上手くいったのか等自ら
考えるようになります。
この「考える」ということが前衛において最も大切なことです。
このように言うと誤解が生まれるかもしれませんが、後衛よりも前衛のほうが試合中相手の情報を読み取らなければいけません。
なので私はファイナルゲームにもつれて負けた場合はすべて前衛のせいだと思っています。
もちろんラッキーや運というのありますがそれを除いて負けた場合はファイナルゲームまでのゲームの中で前衛が相手の情報を読み取れなかったことによる
負けです。
ファイナルゲームで勝った場合は前衛のおかげ、0-4や0-1で負けた場合は後衛のせい、4-0や4-1で勝てた場合は後衛のおかげというように
ある程度割り切ってしまっても良いと私は思います。
ただ前衛の方は難しく考えず、クロスのポーチ・逆クロスのポーチ・ロブを追いかけるの3分の1であると覚えておいてください。
全てのコースを取ることは不可能です。
相手の得意コース・苦手なコースを早い段階で見極め、どんどん取りに行くコースを限定していきましょう。
得意コース、苦手コースが分からない場合は自分の後衛に聞くもよし、監督・コーチに聞いてみてもよいでしょう。

3:身体をしっかりと作る
なぜ身体づくりが大切かというと、大概大きな試合がある時期というのは6月から8月になります。
猛暑の中試合を勝ち進むにはもちろん体力も必要ですし、集中力を持続する力が必要です。
さらに暑い中集中力が欠けると思考力も低下します。
2番目で書いたように思考力が止まるということは相手の情報を読み取ることが出来なくなるということです。
なので高校生のレベルには身体づくりというのが非常に大事になってきます。
トレーニングの仕方というのは様々な書籍からも知識を得ることが出来ます。
トレーニングをするだけでなく食事にも競技者であるならば気を使うべきです。
たんぱく質をしっかりと取る、食事だけで補えない部分はサプリやプロテイン等で補給することも大切です。
以下に私が実際に使用していたおススメのプロテインを掲載しておきます。
食事だけではどうしても難しい栄養素を手軽に摂取することが出来ますよ!



トレーニングはつらくしんどいものですが、試合で一番活きてくるのは地道でコツコツ続けてきた努力です。
努力すれば必ず結果が出るということは残念ながらありません。
ただ努力していない人には絶対に結果はついてきません。
もし高校時代に結果が出なかったとしてもこの先の人生で努力したことが生きる場面が必ず出てきます。
今できる限界の部分まで挑戦してみてはいかがでしょうか。

最後に私が高校時代に監督に言われ今でも心に残っている言葉を見てくれている方にも伝えたいと思います。

「スポーツというのは一瞬の喜びのために長い時間つらい思いをしないといけない」

一人で頑張り続けるというのは難しいことです。
部活の仲間と励ましあい協力しながら共に頑張ってください!!
頑張っている皆さんを心より応援しております。

それでは今回はこの辺で失礼いたします。
最後まで閲覧していただきありがとうございました。

<スポンサーリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です