進学について ~中学から高校へ~

こんにちは!

今回は中学から高校へ進学する際のアドバイスを自分自身の経験を踏まえて書いていきたいと思います。

一般的なのは受験勉強をして入試を受けて合格を目指すという方法だと思います。

もう一つは中学での部活動の成績が優秀で高校側からスポーツ推薦をもらい面接等を受け進学する方法だと思います。

私は受験勉強をして入試を受けても高校側からスポーツ推薦を受けたわけでもなく自分から高校側にPRし進学しました。

受験勉強をし受験戦争を勝ち抜き合格を手にするという方々は本当にすごいし尊敬いたします。

私は勉強が大の苦手でしたので好きでない勉強を半年以上かけて根気よくやるということが出来ませんでした。(笑)

なので今回は私が行った自己推薦という形を伝えていきたいと思います。

今や皆さんもご存じの通り少子高齢化が進んでおり学校側も経営がしんどくなってきているところもあります。

そこで高校側も人財確保のため一般入試だけでなく様々な入学形態をとっております。

その一つが私が受けた「自己推薦」になります。

知っている人も多いと思いますが自己推薦とは、中学校側から高校側へ推薦してもらうことです。

そのためには高校側が定める評定平均(成績)と求める人物像を満たす必要がございます。

(勉強は大嫌いでしたが高校の定める評定平均に達するための勉強は頑張りました笑)

なぜ私がこの自己推薦で高校を受験したかというのはただ強豪校でソフトテニスをしたいという思いからでした。

私はもともと兵庫県出身ですが兵庫県内の高校には進学せず県外の高校に進学しています。

理由はソフトテニスを「もっと上手くなりたい‼」、「全国大会に出たい‼」という思いからでした。

もちろん県外に出るわけなので中学までの友達とは離れ離れになりますし、親元から離れることになります。

私自身も合格し入学が近づくにつれて様々な不安な思いに駆られました。

しかし目標がある、私の場合はソフトテニスを上手くなりたいという一心の思いがあれば何とでもなります。

高校に進学してからのことはまた別の記事で書いていこうと思いますが、これだけは胸を張って言えます。

自分のやりたいこと、目標があるのであればそこに一直線に向かっていくべきだと思います。

もちろん県外の高校に行くとなると反対の声も出てくると思います。

一番心配するのはご両親ではないでしょうか。

私も母親に反対されました。

友達がいないところにいって大丈夫なのか、家事炊事は自分一人でできるのかなど色々と言われました。

正直な思いですが私はわからないと答えました。

今まで親任せでやってもらっていたことを急に自分でできるのか、やっていなかったことなのでやってみないと

わからないと思っていたからです。

ただそんな不安よりも自分が本当にやりたいことを思いきりぶつけることにより母親も認めてくれました。

今私と同じような立場の学生の方がいればこれだけは強く言いたいと思います。

今自分がやりたいことをやらず諦めたら絶対に後悔します‼

なのでぜひ挑戦してみてください‼

不安なことたくさんあると思います。

でも経験者の立場から言うと本当になんとかなります。

ただそれなりの覚悟とちゃんとした気持ちは必要だと思います。

中途半端な気持ちなのであれば辞めておいたほうがいいかもしれません。

一回きりの高校生活を迎えるにあたって絶対に後悔だけはしてほしくないと思います。

もしこの記事を見ていただけている方で同じような立場にいる方がいらっしゃいましたらコメントを残していただければと思います。

すぐには返事ができないかもしれませんが必ず返信は致します。

何かしらのアドバイスができればと思います。

 

それでは今回はこのあたりで失礼いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です