新卒 就職活動について

こんにちは!

今回は新卒入社の就職活動について書いていきたいと思います。

3月からは2019年卒の就職活動がスタートすると思います。

とはいっても3月から始まるのは早いところであればエントリーシートの提出、面接と始まるところもあると思いますが

経団連(俗にいう大手企業)に所属している企業の先行活動開始は6月1日以降と規定していると思います。

経験談ですがこの6月1日以降というのはあくまで表の面で実際は6月1日から内々定を出すところが多いと思われます。

実際に選考を受けていくにあたり様々な企業の会社説明会に参加されると思われます。

なので今回は会社説明会に参加するにあたり注目すべき点を伝えられればと思います。

また今回の内容は私の意見なのですべてが当てはまるわけではありません。

全く当てはまらない方もいると思いますし参考にならない人ももちろんいらっしゃると思います。

ただ一意見としてみていただければと思います。

それでは以下から大切なのではないかなと思う点を記載していきたいと思います。

 

1点目:会社の求める人物像

この点は個人的には1番重要といっても言いくらい重要なポイントだと思います。

説明会に参加すると必ず企業側は求める人物像はどのような人かを話されます。

これは実際に選考が進むにつれ面接を受けることになった際も志望理由につながってくる部分です。

入社前と後でギャップが少なくなるためにもしっかりと聞き、自分自身と照らし合わして企業の考えと

合うか合わないかを判断してほしいと思います。

 

2点目:残業時間

昨今ニュースにも取り上げられるほどに労働時間の問題があります。

就職活動をされる中で一つの基準としてワークライフバランスがとれるのかという点を重要視されている方も

たくさんいると思います。

正直に申します。

公務員だろうと一般企業だろうと残業時間が0というのはあり得ません。

もちろん入社してすぐは残業をするというのは限りなく少ないでしょう。

ただ3か月、半年と経ってくると必ず残業をしなければいけない時が来ます。

特に営業職に就く方は残業をすることはつきものだと思っておいたほうがいいと思います。

しかし重要なのは残業をすることではなく残業手当がしっかりと支払われるかです。

営業職には「営業手当」というものが付きますが、残業手当が営業手当で賄われている場合が多々あります。

企業紹介の給与欄に営業手当・残業手当について記載されていると思いますので是非見てみてください。

記載されていない場合は会社説明会等で社員の人に聞いてみるといいでしょう。

 

3点目:福利厚生

特に女性の方に多いと思われますが福利厚生についてです。

有給休暇家賃補助医療・健康保険等がこの項目になります。

特に有給休暇については気になる方も多いと思われます。

有給取得率や消化率という書き方をされていることが多いと思いますが取得日数、パーセンテージが高いからといって

年間休日が多いということにはなりません。

なぜならそもそもの年間休日が少ない場合があるからです。

会社が定めている休日日数が100日であれば有給取得日数が10日あったとしてもトータルで110日にしかなりません。

確かに有給の消化率はいいかもしれませんが、休日が多い企業という判断にはなりませんよね。

特に営業職の方であれば有給取得率は他の職種に比べて少ないと思われます。

気になるようであればこれも説明会で聞いてみるといいと思います。

濁すようないい方であればあまり信じられる企業ではないと個人的には思います。(笑)

 

以上3点は入社前と入社後のギャップを感じやすい点だと思いますので取り上げさせていただきました。

就職活動というのは自分の人生で本当に大事な期間ですのでしっかりと準備と情報収集をして取り組んでほしいと思います。

 

それでは長くなってきましたので今回はこの辺で終わりたいと思います。

何か質問事項や聞いてみたいことがありましたら遠慮なくコメント欄に記載していただけたらと思います。

微力ながらお手伝いできればと思います。

 

最後まで閲覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です