スポーツを通して学べる事

こんばんは!

今回はスポーツを通して学べることについて投稿したいと思います。

皆様はスポーツをすることについてどのように考えるでしょうか。

肯定的な考え方だと、体力の向上上下関係を学ぶ場自分を試す・鍛えるかっこいいというようなことが

挙げれるのではないようでしょうか。

否定的な考え方ですと、しんどい先輩が怖い遊ぶ時間が減るうまくできないと恥ずかしいということが

上がってくるのかなと思います。

私は学生の時からスポーツをやってきた側の人間なので肯定的な意見が多くなるのですが、経験上スポーツは

やっておいて損することはないと思います。

私は中学生になってからソフトテニスを始めました。

1番最初の理由は今思い出すととても恥ずかしいですが単純にモテたかったからです。(笑)

そしてソフトテニスを選んだ理由もサッカーや野球は小学生から習い事としてやっている友人が多く

スタートの時点で若干の差がありなかなか試合に出れないのではないかと思い、中学生から始めても

試合に出れそうなスポーツをしようと思いソフトテニスを選びました。

ここから私はソフトテニスにドハマりするわけでが、最初は面白くもなんともなかったです。

最初のうちは体力づくりが多く中々ラケットを握らせてもらえませんでしたし、コートで打たせてもらえても

思うようにボールを返すことができませんでしたからね。

しかし1か月2か月と続けると徐々にできるようになってくるんですよね。

徐々に出来るようになってくると人間ってもっとうまくなりたいと思うようになるんですよね。

この一つのことに熱中することができるというのがスポーツをする良い点だと思います。

そして部活動に入るということは同い年の友達だけでなく先輩・後輩と関わることになります。

否が応でも所属しないよりも自分のコミュニティが広がります。

私も部活をすることにより友人が増えました。

友人が増えるという点もスポーツをするいい点ではないでしょうか。

もちろん嫌な先輩もいました。

しかしスポーツは競技が始まると年齢は関係なくなるのです。

最初は経験が長い先輩に勝つことは難しいかもしれません。

しかし先輩以上に練習・努力をすれば倒すことができるようになってきます。

口が悪くなってしましますが嫌な先輩、むかつく先輩を倒せるというのは何とも快感です。(笑)

なのでスポーツをするにあたり努力は必ず必要となります。

しかし努力すればできなかったことができるようになってくるので楽しくなっていくと思います。

 

まだまだ書きたいことはたくさんありますが長くなってきましたので今回はこの辺までにしたいと思います。

最後まで閲覧していただきありがとうございました‼

 

 

<スポンサーリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です